足の甲の痛み【スポーツ障害:行軍骨折】


stormtrooper-2296199_640

こんにちは。

鶴亀堂鍼灸院 院長のわきたです。

 

先日、足の甲の痛みで

バレーボール部に所属する高校生が

相談に訪れました。

 

足の甲が赤く腫れあがっている状態。

動くと痛みが強く、安静時の痛みは無し。

押すと強い痛みを訴えていました。

場所は、第3中足骨。

Image-1

受傷直後から約2~3週間は

レントゲンに写らない事が多い骨折。

スポーツによるオーバーユース(使いすぎ)

で現れる足の甲の痛みで

行軍骨折というものがあります。

 

これは軍隊で重い荷物を背負い

長い時間行軍した軍人たちの中足骨に

捻ったりぶつかったりしていないのに

骨折が起こった事から行軍骨折と

名付けられたものです。

 

第2・3中足骨に好発する骨折で

スポーツでは跳躍系競技に多くみられ

15~16歳くらいでの受傷報告が

多い疾患です。

状態にもよりますが復帰までに

通常2~3カ月有するものです。

volleyball-1034336_640

当院では回復を早めるために

鍼灸と筋膜療法を使い施術を行います。

 

まず大前提として

早期に腫脹(足の腫れ・炎症 )を

除去すること。

この作業を早く行う事が経過を左右します。

 

今回相談のあった高校生は、経過もよく

1ヵ月ほどで競技復帰に近いレベルまで

達しました。

しかし・・・

完全に復帰するには、痛みがしっかり

無い状態に達することが前提です。

 

中途半端な状態で復帰すると

再発の可能性もあるからです。

 

高校生だから、ちょっと痛みが無くなると

復帰したがるので

止めるのに一苦労です(笑)

 

陸上競技や剣道などでも行軍骨折は

発症することがありますので

足の甲の強い痛みが続く時には

病院受診をおススメします。

 

その他、オーバーユース(使い過ぎ)による

痛みの相談などありましたら

お気軽にご連絡ください。