疲労性腰痛について


こんにちは

鶴亀堂鍼灸院 院長のわきたです。

 

腰痛には様々なパターンがあります。

・急に激痛となるギックリ腰

・慢性的な腰痛

・ヘルニアや狭窄症など特異的な

疾患がもたらす腰痛

などなど・・・

 

急性腰痛などはズキっとした痛み

動くとビリビリっと響くような痛みが

出たりするものです。

 

これとは別に

長時間のデスクワークや

中腰での作業などで

疲れが溜まり

徐々に腰周りの筋肉が張り

重だるい感じや伸ばすと鈍い痛みなどを

起こすことはありませんか?

chair-1866784_640

それは

疲労性腰痛かもしれません。

 

体重の約5分の3は上半身にあります。

上半身の体重を支えているのが

背筋であり骨盤であり、腰であります。

 

実はわたしもつい最近

疲労性腰を起こしました。

度々あるのですが

肩回り・背中が凝ってきて

最終的に腰の重だるさや痛みが

起きます。

 

ですので

わたしの中では

背中の凝りを感じ始めた時は

疲労性腰痛の前触れふだと

思っています。

 

症状が軽いうちは

温泉で身体を温めたり

ストレッチをしたりしますが

それでも追いつかない時は

筋膜リリースと鍼灸治療

対処します。

Fotolia_152749386_Subscription_Monthly_M-e1506584085678

腰だけではなく

お腹周りの緊張緩和

肩背中の筋緊張緩和

股関節の柔軟性向上

足首周りの調整などを行います。

 

そうすることで

姿勢が整い全体的な身体の軽さも

引き出すことが出来ます。

 

何事もですが

やはり早めの対処が必要です。

痛みが出ないように

休息をしっかりと取り

入浴やストレッチなどの

セルフケアに努めることが

大切です。

 

セルフケアで追いつかない場合は

お気軽にご相談ください。