顔面神経麻痺に対しての鍼灸治療について


■顔面神経麻痺
*顔面神経麻痺とは
・症状 ・原因 ・好発年齢,男女比
・ベル麻痺,ラムゼイハント症候群
*治療法
*顔面神経麻痺に対しての鍼灸治療

 

当院では

顔面神経麻痺(ベル麻痺)に対しての

鍼灸治療を行っています。

ご希望される方は増えてきており

現在も数名の方が受診中です。

 

顔面神経麻痺】とは

顔を動かす筋肉である表情筋に分布している

顔面神経が障害されて顔面部に麻痺が起きる病気。

中枢性・末梢性の顔面神経麻痺があり

末梢性のうち頻度の高いBell 麻痺(約60%)

そして低頻度の

Ram-say Hunt:ラムゼイハント症候群

(約15~20%)に大別されます。

vb_screenshot (2)

脳の顔面神経核というところから分布している

顔面神経は、脳から細い枝を伸ばし

(上図水色部分)側頭骨の中にある

顔面神経管という細いトンネルをくぐり抜け

耳の前にある耳下腺の間を貫き

表情筋に分布されます。

この経路のどこかで障害が起きているのです。

 

主な症状

*おでこ・眉毛・口など顔のすべての動きが止まる

*顔が左右不対称(半顔のひきつり)

*まぶたが閉じずらく目が乾燥する

*水や食事が口からこぼれる

など。

 

原因

ベル麻痺の主な原因と考えられているのが

ウイルス感染:単純ヘルペスⅠ型(HSV-1)

です。

ウイルスが顔面神経管の中の

顔面神経に感染して起こる麻痺です。

imagesYHSZCWAL

ストレスや疲労・慢性疾患などにより

体力や免疫力が低下した場合に

潜伏していたヘルペスウイルスが

再活動することにより顔面神経の炎症を

引き起こさせるのです。

 

これに対しラムゼイハント症候群は

水痘,帯状疱疹ウイルス(VZV)

再活性による神経炎が病因です。

 

好発年齢・男女比

40歳~50歳代

男女比=1:2で女性が多いと

言われています。

 

治療法

保存的治療が基本で

急性期は以下のような薬剤が

併用される場合が多いです。

・副腎皮質ステロイド薬

・抗ヘルペスウイルス薬

・ビタミンB製剤

 

鍼灸治療

発症からの経過・状態によって

治療内容は異なりますが

基本的には自律神経バランスを整える

全体的な治療を行ったうえで

顔面部・頸部・肩背部へ鍼を刺していきます。

主たる症状に対しての治療はもちろんですが

不眠などの睡眠障害・身体のだるさなどの

免疫力低下など随伴している症状に

対しても治療を行っていきます。

詳しい内容・ご相談などは

お電話またはメールにて

お問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら