逆子改善からの安産報告★逆子・安産鍼灸治療


逆子治療で来院された患者様から

「無事、安産でした」とのご連絡が

ありました。

 

妊娠32週・逆子での来院でした。

担当医から34週目で逆子のままなら

37~38週での計画出産(帝王切開)

を決定しますと言われていたそうで

「出来ればなんとか避けたい」という

ご希望でした。

 

3回目の治療終了(33週時点)

逆子は改善されました。

そのあとは

安産に向けての治療(分娩時和痛など)

続けていました。

 

安産という喜びのご報告が聞けて

とても嬉しいです。

本当におめでとうございます。

このあと産褥期を抜けた頃から

当院にて産後ケア(回復治療)を

行う予定です。

8月はこの方を含め3名の妊婦さんが

来院されています。

内もう一人の方も逆子治療で来院されたのですが

2回目の治療後改善がみられ

現在は安産のための治療中です。

 

逆子改善の方法は

逆子体操・医師による外回転術

そして私たち鍼灸師による

鍼灸治療があります。

逆子は胎児の状態や治療開始時期によって

鍼灸治療でも、改善がみられない場合が

あります。

 

32週目までで約8割の方の逆子が

改善されたという症例報告がありますが

出来る限り早い時期(28週~30週)

での治療開始が好ましいです。

 

妊娠中にて

つわり・腰痛・肩こり

むくみなどでお困りの方

分娩時の痛みを和らげたい方など

お気軽にご相談ください。