紫外線によるシワ・たるみ対策に美容鍼灸


*紫外線によるシワ・たるみで知っておきたいこと*
①UVA,UVBについて
②秋も気を付けたい紫外線
③紫外線による肌トラブル防止法について
紫外線による肌ダメージを
最小限に食い止めることが
アンチエイジングにとって
大切なことです
改めて紫外線に対する情報を
再確認してみましょう。
① UVA・UVBについて
紫外線のことを一般的にUVと略します。
波長の長さによってA・B・Cに分類されます。
・一番波長の短いUVC
基本的にはオゾン層を通過する際に破壊もしくは吸収されますが、オゾン層が破壊されている場合には
地上に到達することになり、UVCはとても有害です。・ABCのうち真ん中の波長であるUVB
皮膚に対する刺激がUVAより強く細胞の遺伝子を
損傷する影響が強い。長時間日光に浴びて顔や肩
背中が日焼けで赤くヒリヒリするのはUVBによるもの。

・一番波長の長いUVA
表皮の基底層から真皮まで達し、メラノサイトを活発に
させる。日焼けで浅黒くなるのはUVAによるもの。
波長が長いので雲やガラスも通過させる。
しわやたるみは、真皮まで到達するUVAによる影響が
とても大きいので、曇りの日や車の中でも紫外線対策
に心掛けるべきです。

②秋も気を付けたい紫外線
日本では夏至を迎える6月が紫外線量のピーク
ですが、梅雨により紫外線量の変化があります。
7月・8月そして9月まで紫外線量は増えていきます。
10月に若干落ち始めますが、それでも紫外線量は
高めです。ですので、真夏が終わったからといって
油断は禁物。夏と同じ気持ちで紫外線対策に
努めておくべきです。
③紫外線による肌トラブル防止法について
紫外線によるシミ・シワ・たるみ・そばかすなど
肌トラブルから守るために大切なこと・・・1.皮膚の新陳代謝を高めて、きめ細かく強い角質層を
 つくること

2.保湿効果を高めてみずみずしい肌をつくること

3.UV化粧品・日傘など、紫外線対策を怠らないこと美容鍼灸では、1・2に対してアプローチしていきます。
 紫外線から肌を守るという観点からも
 当院では美容鍼灸をおススメしております。

 

いかがでしたか。

「若い頃に日焼けばっかりしてました。

もっと紫外線対策しておけば・・・」

というような話をよく聞きます。

 

紫外線対策は、どのタイミングでも

今後のためにしっかり取り組むべきです。

お肌の健康、守って行きましょう。

 

当院の美容鍼灸メニューは

こちらをクリック