あなた、ご飯にします?お風呂にします?それとも鍼灸にします?


こんな会話が日常に溢れていたら

嬉しいなと思う今日この頃・・・

こんにちは

鶴亀堂鍼灸院のわきたです。

 

今日は、このタイトルにちなんで

自律神経についてのお話です。

みなさんの普段の生活スタイルは

どうでしょう・・・

帰宅して、まずお風呂?

それとも

ご飯が先ですか?

もちろん時と場合によるとは思いますが

お腹空いてるから・お風呂は就寝前が良いから

ということで

比較的ご飯が先の日が多いという方は

結構いらっしゃると思います。

 

身体にとってはどういう違いがあるのか!?

ここで自律神経のお話・・・

 

自律神経とは、身体内部の環境を

自動的(オートマティック)に

ON/OFFを整えてくれる機能です。

 

活動的になるとONという交感神経を

リラックスする時にはOFFという副交感神経を

というように切り替えてくれるものです。

 

内臓の働きで言いますと

OFF(副交感神経)が優位に働いてきる時

胃腸は活発に働きます。

したがって

お風呂を先に・そして食事というほうが

消化吸収を高めてくれる利点があります。

 

これに対して、食事してから就寝前にお風呂というのも

リラックス効果(副交感神経)を高めて

入眠のしやすさや熟睡効果を引き出しますので

これからの季節や冷え性の方などは

おススメです。

 

食後のお風呂で注意点・・・

食後は胃腸に血液が集まり、消化吸収が活発に

行われるタイミングですので

食後30分から1時間程経ってから入浴するように

心掛けましょう。

 

疲労が蓄積している方

自律神経失調やストレス過多

冷えや肩凝り・内臓不調などがある方へ

私からのおススメは

鍼灸治療 → 食事 → 入浴

というサイクル

 

鍼灸治療は自律神経を整え

副交感神経を優位に働かせるという

特徴があります。

 

鍼灸治療は

単に、凝りに鍼を刺してほぐすというものではなく

全身のツボを使い

自律神経を整える(身体をリセットさせる)というのが

本来の目的です。

 

鍼灸治療を受けた方が

ご飯が美味しく食べれた・ぐっすり眠れた

 すっきり起きれた・身体が温まった

とよく言われますが、自律神経が整った証だと

思います。

 

あなたの生活スタイルに

鍼灸治療という選択を入れてみませんか?