適切な治療のタイミングとは・・・「未病を防ぐ鍼灸治療」


痛みや不調が改善された患者様から

「次、どんな時に治療に来たらいいですか?」

という質問をよく受けます。

適切な治療のタイミングは、どんな状態の時が

ベストなのか!?

それは「未病」のサインが現れた時です。

■未病とは・・・

健康な状態と病気の状態の中間地点・・・病気になる一歩前の不調な状態です。
「未病」という言葉は2,000年以上も前の中国の医学書「黄帝内経」に出てきます。
この中で「聖人は未病を治す」という記述があるように古くから、未病の重要性は伝えられているのです。
病気になる一歩前の状態・・・
何か、身体がきつい、おもい、だるい、疲れが取れない等、いつもと違うというような感覚がある時
それはまさに未病のサインです。

 

まずは

「何かいつもと違うなー。」

「何か疲れが抜けないなー。」

「ちょっと、肩首凝るなー。」

そう思った時は、治療を行いましょう。

未病を出にくくするためには

定期メンテナンスを心掛けましょう。

2週間に一度のメンテナンスがベストだと

思います。

メンテナンスを続けている患者様は

以下のような感想を述べられます。

「身体が変わってきた。」

「疲れにくくなってきた。」

「肩首の凝りを以前より感じなくなった。」

「ぐっすり眠れて気持ちよく起きれる日が増えた。」

継続は力なり・・・

治療も含めて、何事でもそうだと思います。

自分と向き合い、自分の身体に対して

継続的に何か施すことは

人生の中で「健康寿命」という

大きな財産になるはずです。

身体の底力をつける鍼灸治療

取り入れてみませんか☆☆