実はクーラー病って・・・


実はクーラー病って

自覚の無い人が多いのです‼

どういうことかと言いますと

身体の冷えを感じてこそクーラー病

というイメージを持っている方が意外と多いのです。

しかし

気付かぬうちに、身体の内部が冷えて

体内循環が滞ってしまっているケースは

少なくないのです。

クーラー病の主な症状は

・身体のだるさ

・胃腸の不調,食欲不振

・肩や首の凝り,頭痛

・むくみ,身体の重さ

・疲労が抜けない,睡眠の質の低下

などといった自律神経失調による症状です。

これに加え、意外と多いのが

腰痛,ぎっくり腰

一見、クーラー病と関係なさそうに思えますが

夏場の身体の冷えからくる腰痛,ぎっくり腰は

意外と多いのです!

当院でも夏場(特に8月)になると、一気に増える

腰痛,ぎっくり腰のご相談。

そうなる前に、予防しておくことはとても重要です。

【予防医学】という言葉がありますが

自分自身で予防医学を実践する場合に大切なことは

自分の身体の変化に敏感になることです。

「なんか、おかしいなあ」「いつもと違う」

「いつもより身体が重い・ストレッチが効かない」

など、気付けるようになりましょう。

気付いたら、なんらかの処置を加えましょう。

セルフケアでも良いですし

鍼灸治療のチカラを借りてみるのも良いでしょう。

冷房とは上手に付き合って

体調を崩さない工夫をしてみましょうね。

自律神経失調でお困りの方は

お気軽にご相談ください。