美肌を左右するエストロゲン~美容鍼でバランスアップ~


女性の月経周期を司っているのは

女性ホルモンの分泌。

卵胞ホルモン(エストロゲン)と

黄体ホルモン(プロゲステロン)の

2種類から出来ています。

エストロゲンは、月経の終わり頃から

排卵前にかけて分泌が盛んになります。

このタイミングで新陳代謝がグッと上がり

脳や神経の細胞も活発に働き

心身の状態が引きあがりやすくなります。

 

エストロゲンに対しプロゲステロン

排卵後から月経前にかけて分泌される

女性ホルモンです。

 

受精卵を着床しやすく、子宮内の環境を

整えるのがプロゲステロンの役割ですが

胃腸の調子が悪くなったり、浮腫んだり

ストレスが掛かりやすかったりと

心身の状態を低下させやすい時期です。

 

ホルモンバランスが良い状態の時は

エストロゲンが分泌されることにより

皮脂分泌が抑えられ

コラーゲンの合成が促進されるので

肌のバリア機能は上がり肌調子が

整うものです。

まさに美肌を左右するホルモンと言えます。

女性ホルモンのバランスを崩してしまうと

月経前に起きやすい肌の不調やトラブルを

長く引きずってしまう恐れがあります。

skin-1200933_640

当院の美容鍼での目的は

第一に自律神経の調整を行い

ホルモンバランスを整える事です。

そして、皮脂の分泌過多を抑え

コラーゲンの合成促進を図り

皮脂と水分のバランスが整えることを

目的としていきます。

身体の中から改善していくことが

大切なことと言えます。

ストレス・疲労の蓄積・不規則な生活

食生活・睡眠の質の低下などなど。

【美肌は一日にしてならず】

美容鍼で身体を整えながら

じっくりと美肌を目指してみませんか。