足首の痛み治療【3年前に起きた捻挫の古傷…】


3年前、テニスの練習中に大きな捻挫を起こし

以来歩くだけでも

足首の痛みに悩んでいるという方から

治療の相談を受けました。

「捻挫以来、テニスを3年もしていない。

立ってるだけでも痛い時がある。

この古傷をなんとか出来ないだろうか。」

という内容でした。

捻挫に関しては、

プロスポーツ選手からの相談を受けることも多く

ある程度の治療には慣れています。

しかし

数年前の捻挫というような古傷の治療は

時間の経過と共に足首の動きも悪くなるため

手こずる場合が多いです。

足首の状態をチェックしたところ

関節内部の癒着(引っ付いたような感じ)を感じ

足の甲に浮腫みもありました。

ただ、全く動かないというような状態ではなく

痛みも限局的な2カ所くらいの感じだったので

回復の可能性を感じ治療を開始しました。

治療内容は

鍼灸治療とラクリス機器による深筋膜リリース。

現在3回目の治療を終えた段階ですが

治療開始前の痛みの程度を

10段階中10とすると

現在の痛みの程度は

10段階中4くらいまで減っている

とのことでした。

歩くときに不安定さを感じていたのが

気にしなくなってきたという事です。

今後の治療経過が良ければ

運動復帰(テニス)をしてもらおうと

思っています。

この症例は順調な経過を辿っていますが

慢性化したものは結果が出にくい場合が

多いです。

たかが捻挫、されど捻挫】です。

捻挫をもとに、ひざの痛みや腰の痛みの

引き金となる場合もあります。

できるだけ早いタイミングで

治療を開始することをおススメします。

運動をしている方や部活動生などは

パフォーマンスの低下にも繋がります。

「古傷がある・・・

昔大きな捻挫をしたことがある・・・」

そんなお悩みがある方は

是非ご相談ください。