妊娠後期の腰痛・足の付け根の痛みについて


■妊娠中の腰痛について
妊娠中の腰痛は、当院でも相談件数が多いです。妊娠中は、前期・中期・後期と、それぞれの時期で姿勢の変化を繰り返して行きます。妊娠前期で腰痛が発生する方、妊娠後期で腰痛・足の付け根の痛みなどを訴える方など、様々です。今回は、妊娠後期の腰痛・足の付け根の痛みについてお伝えします。
妊娠中期から後期にかけて、徐々に胎児が大きくなるにつれて
骨盤の位置は変化していきます。
中期あたりでは、骨盤が後ろに傾き腰椎の弯曲が少なくなります。
ようするに、背中が真っすぐで腰が丸みを帯びた姿勢です。
背中の筋肉がとても張りやすくなります。
これに対して妊娠後期では、胎児がさらに大きくなって反り腰になり
骨盤は前に傾いてきます。背中は丸みを帯びた姿勢です。
どちらのタイミングでも腰痛は出やすいですが
妊娠後期になると
腰痛に加えて、お尻の痛みや足の付け根の痛みなどが
出てくることがあります。
場合によっては、足にしびれを感じる方もいらっしゃいます。
妊娠後期でも臨月前まで
仕事をされている方も多いですので
一日の中でも姿勢は変わりやすいです。
デスクワークなどでは、骨盤が後傾しやすいですので
背中が張りやすくなります。
当院では、体調や姿勢の状態をチェックした上で
その方に必要な対処を行います。
鍼灸治療、筋膜リリース、オイルトリートメントなどを
組み合わせて施術を行います。
そして
姿勢調整のストレッチも行っていきます。
当院では
妊婦専用うつぶせ枕を使用してうつ伏せでの
施術も行います。普段、うつ伏せの姿勢を取れない方が
ほとんどですので大変喜ばれます。
出来る限り
妊婦さんが安心して施術を受けられる環境を
整えるよう心掛けています。
お困りの方は、是非ご相談ください。