腰が主原因で無かった急性腰痛・・・


こんにちは、わっきー先生こと院長の脇田です。

腰が主原因で無かった急性腰痛症の一例を報告します。

 

わたしたち鍼灸師の間では、よくあることなので珍しい症例では

ありませんが、患者さんにとっては理解している方が少ない

腰痛の仕組み・・・

d679a357a106226091b3307607ceadcb_s

先日腰痛で来院された60代男性・・・

発症は、当院へ来られる10日程前。

自宅で、椅子に座り足を上げるストレッチをしていたところ

腰に違和感が起きる・・・

 

一日経ち、少し大丈夫かなと思い庭の草むしりしたところ

症状が悪化・・・

翌日から近くの整骨院に4日間通ったが症状変わらず

当院に来院という流れでした。

 

急性腰痛の場合、初期対応が重要で

治療院でのファーストタッチもどこを触るかが重要!!

症状に適した治療を行っていれば4日も通ってるので

軽減しているはず・・・

 

患者さんを触診してみると、背中の筋肉の緊張が非常に強い。

そして、肩甲骨周囲の筋肉も非常に硬くなっていました。

水分代謝の異常も起こしており、足も浮腫んでいました。

東洋医学的には、この足の浮腫みはひとつのキーワードです!!

 

いくつかの観察ポイントから、主原因は腰ではなく

背中に問題があること

そして東洋医学的には腎気虚といって、気の不足が

起きていること

これらを加味して経絡のバランスを整え

背部および肩甲骨周り、ふくらはぎのつぼを使い治療を

行いました。

2回の治療で、ほぼ軽減。

患者様は、とても喜んでいました(^ー^)

 

腰が強く痛みが出た場合は、自分で対処せずに

まずは専門機関の判断を聞いてください。

そして、腰だけに問題があると考え安易に

腰をマッサージしたり

じっくり温泉で温めたりしないように注意してくださいね。