食いしばり・歯ぎしりの軽減に特化した治療です。

根本的な原因は、自律神経の乱れが引き金とされています。

鍼灸治療にて根本的な部分にアプローチしつつ、特殊な4D電気療法にて

顎周り・首・肩といった部分に出る強い凝りを取り除きます。

これまで多くの方からのご相談を受けて、施術を行ってきました。

歯科領域で行われているのは、マウスピースでの対処です。歯の保護という

意味合いで、非常に大切なものですが改善へと繋がるものではありません。

まず軽減させていくために、睡眠の質の向上は必須です。睡眠中、無意識に身体が

緊張してしまっている・・・これが問題となります。

鍼灸治療では、自律神経の調整を行っていきます。そして4D電気療法では、

凝りが深い位置(深層部)にアプローチして、凝りの除去と血流量アップを

目指していきます。これまで臨床を重ねて、いまの治療法に行きつきましたが

理想の治療頻度は週に1回×4を3か月で一区切りです。

そこから、状態が良好な場合は2週間に1度のペースに切り替えます。

回数券制度をご用意しておりますので、是非ご活用ください。

一覧

食いしばり・歯ぎしり治療

鍼灸+4D電気療法
回数券(4回28,000円)

7500円