野球肩・野球肘(投球障害)でお悩みの方へ


最近患者様から、よく聞かれること・・・それは

「先生、スポーツなにかされてたんですか?」

という言葉。

隠していたわけではありませんが、実はわたし・・・

小学から大学まで野球一筋の人生を送っていました。

 

大学時代の卒業研究テーマは「投球動作の解析」

内容がとても難しく、実験結果をまとめるのが大変で

卒業論文を書くのに手こずった思い出があります。

 

私自身も大学時代に野球肘、いわゆる投球時の肘の激痛で

とても悩まされました。

結果的には、その痛みが限界に達しプレーヤーという道を諦め

大学3年時に学生コーチというポジションに就きました。

 

だからこそ

肩の痛みや肘の痛みで悩んでいる選手の気持ちが

痛いほど分かります。

 

治療家となった私はこれまで

野球肩・野球肘に対する治療法を試行錯誤・研究し

やっと満足の行く施術が提供できる状態になりました。

 

野球肩・野球肘は

外傷にあるもの

オーバーユース(使い過ぎ)によるもの

という2パターンに分かれます。

外傷は、亜脱臼や関節唇損傷・腱板損傷・骨折などに

よるものです。

 

基本的には

オーバーユースによる症状が対象にはなりますが

外傷の場合でも、医療機関で処置・リハビリと併用して

施術を受けることも可能ですのでご相談ください。

 

野球肩・野球肘は、痛みを取り除くことが第一ですが

投球動作を見直すことも重要です。

 

お悩みの方は、是非一度ご来院ください。