ご存知ですか!?気象病・・・


sky-1107579_640

こんにちは。わっきー先生こと院長のわきたです。

今日は、気象病について・・・

気象病??ご存知ですか??

気象病とは、天気の変化によって症状が出現したり

持病が悪化したりする疾患です。

例えば、「古傷が痛む」

天気が悪い時・・・気圧の変動があるときに

痛みを発症することから天気痛と言われています。

 

病院で検査をしても異常無しと言われた方・・・

天気が悪い日は、特に調子が悪いと思う方・・・

もしかしたら、天気痛(気象病)かもしれません!?

headache-1557802_640

気圧の変化で悪化する慢性疾患で多いのが

頭痛・リウマチ。

次いで

喘息・皮膚アレルギー・低血圧・高血圧というような

データがあります。

気圧の変化で起こる症状は、自律神経のバランスが乱れる

ことが大きな要因であると考えられています。

正確なメカニズムは、不明な部分があるようです。

自律神経が乱れ交感神経優位になると

血圧や脈拍が上がり、脳内血流量も過剰になるため

頭痛を悪化させる要因となります。

 

鍼灸治療の特徴は、全身のバランスを整え

自律神経の調整に有効的であること・・・

お天気により左右される身体の不調で相談される方は

当院でも非常に多いです。

鍼灸治療されたほとんどの方から

「鍼灸を取り入れる前と後では、天気で左右される回数が

とても減りました・・・」

というお声を頂きます。

3e3e0fc83dcfc1ee6ede68c33b5eef89_s

気象病において、鍼灸治療はとても有効な手段だと

わたしは思います!!

薬を飲み続けるのか、鍼灸により薬を飲む回数を

減らして行くのか・・・

もちろん、後者を望む方ばかりだと思います。

「わたし、気象病かも・・・」

と思われる方は、是非一度ご相談ください。

お待ちしております。