たかが肩凝りされど肩凝りVol.2【ストレス=気滞!?】


こんにちはヽ(´▽`)/

わっきー先生こと院長のわきたです。

連日の肩凝りネタです!!

 

前回の記事でもご紹介したように

筋肉の問題だけでは無いのが【肩凝り】

 

揉んでも中々改善しない慢性的な肩凝りの

原因のひとつとして

東洋医学で言う

【気滞】

というものがあります。

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

 

気滞とは何か・・・

 

まず、気というものは常に動いているもので

この気の運動を【気機】と言います。

気機には昇・降・出・入と4つの動きがあります。

 

日中活動的な時に気を昇り

呼吸や食事を摂ることで気が入り

排尿・排便などで気は降り出て行く

そして

夜寝るときには、気は降りる・・・

 

こうして気は出入りし、昇ったり降りたりと

巡っているのです。

気機がスムーズだと健康を維持出来るのです。

しかし

ストレスや緊張・不安などで

気機の運行は、停滞してしまう・・・

これを【気滞】と言うのです。

sky-1107579_640

 

気滞は、経絡の中の肝経と関連が深いと言われます。

この肝経は、筋肉と密接な関わりを持っているので

気の滞りは筋肉の緊張を生み出す要因ともなります。

 

また、気滞が進むと血虚という症状に発展します。

ですので、筋肉の血行不良を引き起こすといことに

繋がって行くのです。

 

気滞による血行不良を引き起こすと

マッサージなどで一時的に血行改善を

図っても、再び元に戻る可能性が考えられます。

 

結果的に、一時的に軽くなったとしても

すぐにまた症状が出てしまう・・・

ということになり得るのです。

 

just-add-water-1885914_640

たまに

「鍼は、即効性があるのでしょ?」

と聞かれることがあります。

 

当然ながら症状・状態によります。

根本を治す場合に時間を要することも

あります。

ですが、やはり根本から見直して欲しいです。

 

肩凝り治療で

「他院で肩だけに鍼を刺してもらったけど

効かなかった・・・」

と相談に来られた方がおられました。

 

やはり筋肉の問題だけでは無いからです。

肩だけに鍼を刺して良くなることも

あります。

しかし、根本原因があってこその

肩凝りです。

 

たかが肩凝り

されど肩凝り

肩凝りは、身体のどこかの不調のサイン

 

そう思って頂きたいです。

 

当院の鍼灸治療については

→ こちら

 

以上

わっきー先生でしたー

IMG_1431