肉離れの早期回復を促す、eストレッチの可能性

ブログ

当院ではこれまで、プロスポーツ選手・実業団選手

五輪代表選手など多くのアスリートのケアに関わってきました。

数多くのケガの中で、度々選手を悩ませるのが肉離れです。

肉離れも損傷の程度により、競技復帰まで長期間を要する

ケースもあります。

基本的にはまず、医療機関での診察を受ける流れになります。

状態とタイミングによりますが、当院では

比較的早期に治療を行います。

損傷部位の回復を早めるために、当院はラクリス筋膜療法

採用しております。

この機械は、特殊なグローブを装着し深層部位に電流を

流すことが出来るものです。

急性期の場合は、抗炎症を目的としています。

そして、その後の回復期では筋膜の癒着が出ないように

滑走性を高める目的で使用します。

いわゆる「しこり」が出ている部分の周囲が、癒着を起こしやすく

筋膜の動きが低下します。

これまで多くの肉離れ治療をしてきましたが

ラクリス機器によるeストレッチ(電流ストレッチ)が

肉離れに対して功を奏したケースが多いです。

深層部位への筋膜リリース・浅層部位への筋膜リリース

これを同時に行えるのがラクリス筋膜療法の特徴です。

 

サッカーや陸上などで、肉離れは多いのですが

早く練習復帰できるためには適切な対応が必要です。

私の経験則においては、肉離れの患部にマッサージや

ストレッチはNGです。

もちろん、どのようなマッサージをするかでも違いますが

基本的には自己判断で行うのは控えましょう。

回復期を過ぎても、復帰が遅れている場合や

復帰したけどパフォーマンスが上がらないという場合でも

遠慮なくご相談ください。

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。