クマのtypeと対処法  美容鍼灸でのアプローチ


こんにちはヽ(´▽`)/

エステティシャン鍼灸師のわっきー先生です。

今日は、クマについて・・・

熊のtypeでは、ありません(笑)

eye-211610_640

そう、気になる目元のクマ・・・

当院で美容鍼灸を受けられる方からも

とても相談が多い悩みのひとつ!!

 

ではまず

クマのtypeについて・・・

大きく分けて3種類あります。

 

茶グマ → 色素沈着などによるもの

青グマ → 血行不良などによるもの

黒グマ → 目元のたるみや凹みによるもの

 

茶グマとは?

winnie-the-pooh-2013026_640

大きな原因は色素沈着によるもの!!

紫外線によるダメージからの影響・・・

そして、目の擦りすぎ(摩擦)などで

色素沈着は起こしやすくなるもの。

化粧品のかぶれや、乾燥・アトピー性皮膚炎

マスカラ残りなども原因になることも・・・

 

色素沈着も表皮レベルか真皮レベルかにより

対処は異なってきます。

 

表皮レベルであれば当院でも対処します。

美容鍼灸により

【乱れたターンオーバーを改善すること】

【身体内部のストレスを取り除くこと】

【目元の血行を良くすること】

を目標に治療します。

そして、ホームケアの対処法として

メラニン生成を抑制するビタミンC誘導体を

配合させたスキンケアコスメを提案します。

茶グマは、目の下だけではなく

まぶたにも出来るのでしっかり対処したい

ものですね。

 

真皮レベルでの茶グマは

メラニン色素が皮膚の奥に沈着しているので

レーザー治療などが有効です。

この場合は、専門医をご紹介致します。

 

 

では続きまして

青グマとは?

bear-2185131_640

目の周りの血行不良により

毛細血管が透けて青黒っぽく見えるものを

青グマと言います。

 

ストレス・冷え・寝不足・目の疲れ

ホルモンバランスの乱れなどが原因・・・

 

東洋医学で言う瘀血(おけつ)という

状態を引き起こしている場合が多いので

美容鍼灸での対処は可能です。

 

当院では美容鍼灸で身体内部からの

改善にアプローチしたのち

目元に直接アプローチします。

鍼治療に加え

機器を使い血行を促進させます。

 

一回の施術である程度薄くなり

喜ばれる方は多いのですが

体質改善が必要なので、じっくりと

治療して行くのが理想的です。

 

最後に

黒グマとは?

panda-2103623_640

茶グマ・青グマとはtypeが違い

加齢によるたるみ、眼輪筋のゆるみ

小じわの影

生まれつき目の下の脂肪が少ないなどが

主な原因です。

こちらも専門医の診察・治療が必要と

なります。

皮膚の凹んだ部分にヒアルロン酸を注入

するなどの治療・・・

目元の脂肪除去などが治療法です。

要望に応じて専門医をご紹介します。

 

以上、クマのtypeと対処法でした。

目元で人の印象は変わるもの・・・

 

綺麗な目元で明るい笑顔を維持したいですね。

beautiful-2315_640

可能な範囲で

わたしもあなたの綺麗をアシストしたいと

思っております☆

以上

わっきー先生でしたー

IMG_1431