体が硬いと言う人の大半はOOによる△△である


stretching-498256_640

こんにちはヽ(´▽`)/

美と健康をクリエイトする

エステティシャン鍼灸師わっきー先生です。

 

本日のテーマは

【体の硬さ…柔軟性】について

あなたの柔軟性、低下してませんか?

 

当院に来られる方で多くの人が

口のされるフレーズ

「体が硬いんですよ~

昔はそんな事なかったのに…」

 

「柔らかくしたいけど

もう諦めかけてますヽ(;▽;)ノ」

と仰る方もちらほら。

 

そんな方へわたしは

「諦めるのはまだ早いです!!」

「ストレッチする前にやることあります」

とお伝えします。

 

なぜ、諦めないでと言うのか…

その答えは

体が硬いと言う人の大半は

【身体の緊張による反応の低下】

であるからです!!

 

日々のストレスや疲れなどから

心身は緊張するもの…

その緊張は身体の表面に現れます。

 

そして緊張は

左右に差が出ることが多いです。

 

例えば

右肩周りにある一部の筋肉に緊張が

現れている場合。

右肩の関節の位置は通常の位置より微妙に

変化していきます。(左右差あり)

 

後ろから見て

完全に肩の高さが違えば誰でも

分かるのですが

そうでない場合がほとんど。

 

自分じゃ気づかないレベルで

何者かにどこかを引っ張られている状態なのです。

vintage-1801810_640

その何者かは

普段の癖であったり

繰り返される偏った作業によるもの

であったり

ストレスであったり様々。

 

このような姿勢の変化を

一括りに骨格の歪みという施術者もいますが

わたしの見解は違います。

骨は簡単に歪むものでは、無い…

 

ただ分かりやすい説明として

「歪み」という言葉を

わたしも使うこともあります。

 

しかし

一番メインとしてお伝えするのは

「柔軟性の低下・姿勢の悪化は

 心身の緊張などにより

 筋肉・神経の反応が低下している影響です」

という説明。

 

よって、まず最初に

【身体をリセットさせる】

という作業が第一に必要ということ。

 

リセット無しでのストレッチは

効率が悪くなってしまう可能性が大。

だから、諦める方が出てしまう…

というものです。

 

まずは、リセット!!

 

そして

めちゃくちゃ柔らかくなくても

いいんです!!

柔軟性の度合いは人それぞれ。

あなたなりのマックスであればOK!!

 

眠っている潜在能力を引き出しましょう!!

 

もともと柔らかかった身体を

取り戻す可能性は誰にしもあるはずです。

 

 

リセットしてみたいあなた…

ストレッチを諦めたくないあなた

ご相談ください!!

 

以上

わっきー先生でしたー

IMG_1431