シンスプリントについて・・(スポーツ障害)


 

こんにちは

鶴亀堂鍼灸院 わきたです。

 

運動部の学生さんから

シンスプリントについてのご相談が

ありましたので

シンスプリントについて説明したいと

思います。

 

【シンスプリントとは】

下肢にかかる過度のストレス

過度のトレーニングの結果などが原因で

骨のストレス反応を起こすものです。

 

脛骨過労性骨膜炎(MTSS)と呼ばれている疾患です。

 

↓画像の骨が脛骨という骨で

赤い部分が炎症を起こしている様子です。

シンスプリント

骨を押した痛みはもちろんのこと

周辺筋肉の緊張が過度になります。

 

【シンスプリントの原因】

繰り返しのジャンプやランニングで

脛骨内側に刺激が加わること

そして

脛骨に付着している足関節周囲の筋肉が

骨膜(骨の周囲についている薄い膜)を

引っ張ることで

炎症を引き起こしていきます。

 

【シンスプリントの治療について】

軽度の症状の場合は

練習量を減らし鍼灸治療やマッサージ

ストレッチなどを加えて改善させて行きます。

 

治療箇所は

下肢筋肉だけではなく臀部(おしり)の筋肉

股関節の可動性もチェックしていきながら

症状改善を目指します。

 

身体の使い方に問題がある場合は

一旦痛みが軽減しても

再発する可能性がありますので

身体全体の動きもチェックする必要が

あります。

Fotolia_152749386_Subscription_Monthly_M-e1506584085678

痛みが長期化し重症化すると

疲労骨折を起こす可能性がありますので

痛みを我慢せず

早めの対処が必要です。

 

 

骨折の有無については

画像診断でなければ判断出来ませんので

必要に応じて

当院でもスポーツ専門医に

診察を依頼しております。

 

 

以上、簡単に説明しましたが

気になる痛みや違和感がある場合など

お気軽にご相談ください。