スポーツドクターとの連携~アスリート治療~


■スポーツ系疾患
*捻挫・打撲
*肉離れ・筋挫傷
*シンスプリント・疲労骨折
*脊椎分離症・分離すべり症
*腰椎椎間板ヘルニア
*前十字靭帯損傷
*オスグッド病
*鵞足炎・足底筋膜炎
*腸脛靭帯炎
・・・etc
上記にあげたものは
これまで当院にて治療を行った疾患の一部です。
症状や状態が悪い場合
いち早く復帰したい場合など
状況に応じて医療機関での診察を
勧めております。
アスリート・部活動,クラブ活動生が
ケガなどを理由に
練習・トレーニングから離脱した場合
まず最初に行うべきなのは
ドクターチェックです。
もちろん状況にもよりますが
自己判断で
「とりあえず休んでいたけど
 中々回復しません」
といったケースが今までも多々あります。
当院を受診をされて
私の判断がつかず医療機関を紹介するという
場合も多くあります。
こちらで医療機関を紹介した場合は
診察後、スポーツドクターと連携を取り
治療方針などを決めていきます。
基本的には
病院でのリハビリと当院での治療を
併用し早期復帰を目指します。
現在、4名の患者様に対して
スポーツドクターと連携を取り
治療を進めています。
いち早く競技に復帰するために
大切なことは
【慌てない】
【急がない】
【焦らない】
ことだと思います。
早く復帰したい・遅れを取り戻したいと
思うからこそ
慌てるし、復帰を急ぎたくなるし
気持ちに焦りも出るものです。
ケガした時こそ
自分自身を見つめ直し
これまでの思考や行動を修正すべきかと
思います。
そうすることで
よりパワーアップして競技に臨めるものだと
思っています。
スポーツ障害などでお困りの方は
お気軽にご連絡ください。