バレーボール部生徒の腰痛・・・その引き金とは


こんばんは。最近スポーツに縁の無い元スポーツマン

わっきー先生です(笑)

昨日は自宅で筋トレしました(>0<)

でも今やりたいのは有酸素運動なんですが、忙しさを理由に

中々出来ていない自分に反省する今日この頃です・・・

 

 

って、僕の話どうでもいいですね(笑)

さてさて、今日の話題はバレーボール部の女子高生のお悩み。

「右腰部痛があり、からだのバランスが悪い・・・」

顧問の先生と来院しました。

からだをあちこちチェックしたところ、

確かに腰は悪い・・・

じゃあ、腰をほぐしましょうね・・・では3流の治療!!

腰痛を引き起こした原因を探らなければ、いけません。

 

ヘルニアや分離症など、特別な疾患があるようでは

なかったです。

オーバーユース(使い過ぎ)であるものだとしたら

バランスを崩した要因は何か・・・

探ってみました。

すると、

左肩甲骨周囲が非常に硬い・・・筋緊張MAX

そして肩を下げた状態で肩甲骨の開き(翼状肩甲)

肩関節の可動域に問題あり(内旋減弱)

内旋とは、肘を曲げた状態で肩を振り下ろす動作

volleyball-673552_640

この体勢から腕を振り降ろす時に、肩関節は内旋という動作を

行います。

バレーボールのアタック動作に置いて重要な肩の動きで

威力や制度に左右してきます。

 

肩関節の内旋時可動域が狭いことにより、アタック動作に

問題が起こり身体に捻りを入れる癖がついていたようです。

まさに、腰痛の引き金は左肩でした!!

 

左肩周りの状態回復を行ったあとに、背部・腰部の治療を

していきました。最後に姿勢のバランス調整を行い

アタック時の肩の使い方について確認・アドバイスをしました。

volleyball-90896_640

もうすぐ春高バレーの予選がスタートします!!

在籍している3年生にとっては最後の大会!!

 

悔いのないよう全力でプレーして欲しいです(^ー^)

わたしも、怪我なく大会を迎え、戦い抜けるよう

全力でサポートしていきたいと思います。