逆子治療について・・・


こんにちは。わっきー先生こと院長の脇田です。

今日は、当院でも相談の多い逆子(骨盤位)治療について

 

週末の世界鍼灸学会にて

逆子(骨盤位)治療について臨床研究発表されていた

先生とお話をする機会がありました。

 

過去20数年約400名の妊婦に鍼灸治療を

行ったデータが報告されていました。

31週以下の改善率は、90%を超えているのに対し

32週以上での改善率は50%を割ったという報告。

31~32週というのは、大きな境目だと思います。

 

しかし当院でもですが、相談に来られえるのは

32週を超えてからのケースは非常に多いです。

 

胎動はめまぐるしく変わるので

どのタイミングで判断されたかというのもありますが

鍼灸で改善をという前に、逆子体操など試した結果

戻らず慌てて相談という場合が多いのも事実です。

 

今回、研究された先生とお話をして

改めて逆子治療について学ぶことが出来ました。

治療法について・触診について・セルフケア指導について

などなど、とても勉強になることばかりでした。

とても驚く内容もあり、これまでの逆子治療を

ブラッシュアップさせるきっかけとなった事を

とても嬉しく思います。

 

今後も、逆子治療でご相談に来られる方の力になれるよう

技術の研鑽を行いたいと思います。

そして、出来るだけ多くの方に鍼灸でのケアを

取り入れて欲しいと願っています。

8d91e8df6f046fe5c757ea14d352cba6_s