夏の腰痛にご用心


「夏の腰痛にご用心」
■夏腰痛の原因
■当院の夏腰痛の治療法
■夏腰痛の予防法
毎年のことなのですが
夏の腰痛・・・今年も多いです。
一般的に
「急性腰痛は冬に多い」というイメージを
持っている方がほとんどなのですが
意外と夏も多いのです。
■夏腰痛の原因
原因として多いものが夏特有の冷え・・
・クーラーによる身体の冷え
・冷たい物の摂り過ぎなどによる胃腸の冷え
など関係している場合が多いです。
血行不良や内臓の疲れには要注意です。クーラー病による自律神経の乱れは
疲労の回復も遅れ、急な腰痛に発展する事が
あります。
■当院での夏腰痛の治療法
患部(腰)を治療する前に必ず行うべき治療は
お腹の治療です。
腹部をしっかりと温め、内臓機能を向上させて
自己免疫力を引き上げます。
※ラジオ波温熱療法器でお腹にしっかりと熱を
加え、深部の緊張を取り除きます。
身体全体のバランスを整えたのち、うつ伏せで
肩回り・背中に筋膜リリースを加えます。
そして鍼や灸を施します。
急性腰痛では特に、肩や背中の施術で状態が
 軽くなったり回復が早まる事が多いです。
最後に、腰部・お尻・下肢の治療を行います。

当院の腰痛治療について詳しくは→こちら

筋膜リリース機器【メディセル】
深部に熱を与える・内臓温度を引き上げる
ラジオ波温熱療法機器
■夏腰痛の予防法
上記のように
夏場に起きるぎっくり腰や慢性腰痛の悪化などは
身体の冷えや内臓の疲れが引き金になることが
多いものです。
・クーラーの温度調節に気を配る
・冷たいものの飲みすぎに気をつける
・湯舟に浸かって身体を温める
・疲労回復に努め、ゆっくりと眠る
・お水を小まめに飲み水分代謝を高める
このような事に心掛けて夏腰痛を防ぎましょう。