もしかして9月病・・・⁉


今年の9月は、来院患者数がとても多く

当日予約は特に

予約が取りづらい状況になっています。

ぎっくり腰や寝違い・捻挫など

急性症状以外は

お早目にご予約入れて頂けると幸いです。

さてさて、そんな忙しい9月ですが

患者様の訴える主な症状は

*身体のだるさ・おもさがある
*肩凝りや首凝り・背中が凝る
*朝の目覚めが悪い・きつい
*頭痛・頭重感がたまにある
*食欲はあるが、消化が悪い・お腹が緩い
*気分が上がらない・やる気が出ない
*ついつい夜更かししてしまう(寝れない)
*どこがって訳じゃないが、なんとなくキツイ
以上のような訴えをよく聞きます。
これらの症状がある方。
もしかして
9月病かもしれません。
9月病は、正式な医学用語ではありませんが
病気の一歩手前の状態・・・
いわゆる東洋医学で言う「未病」という
状態です。
ここ数年は特に、残暑厳しい9月。
8月の疲れの蓄積、9月の暑さによる更なる疲労
そして季節の変わり目で
台風も発生しやすく気圧の変化が激しい9月。
そんな時に起こる症状、それが9月病です。
なんとなく○○〇」というような状態がまさに
未病の特徴です。
「絶不調なわけではないけど、好調(元気)では無い」
「なんか最近だるいんだよね~」
こんな事、感じた事ありませんか???
そんな時は、是非一度ご相談ください。
「未病」のときこそ、鍼灸治療が
おススメです。
ご予約お待ちしております。