今シーズン最後のコンディショニングケア!!


こんばんは。わっきー先生こと院長のわきたです。

鹿児島ユナイテッドFCは、今週末最終戦を迎えることとなりました。

2016明治安田生命J3リーグ第30節

鹿児島ユナイテッドFC VS AC長野パルセイロ

11月20日 日曜日13:00キックオフ

南長野運動公園総合球技場

 

わたしが担当している選手の最後のコンディショニングケアも

本日無事終了しました!!

今シーズン最後のケアということで、いろんな思いを胸に臨みました。

あっという間の今シーズンでした。

振り返るのは早いですが、担当している選手が離脱なく

ここまで来れたのは嬉しい限りです!

チーム事情もあり、前節は初めての不出場・・・

目標にしていた全試合出場は途切れてしまいましたが

怪我での不出場ではないので、まあ良しとします。

 

最終節では、きっと出場してピッチを駆け巡ることでしょう。

そのための準備は、しっかり出来たつもりです!!

 

the-ball-488700_1280

サッカー選手というものは、走れてなんぼの世界・・・

走れるためのコンディショニングケアを、一年間追究しながら

やってきました。

実感として感じているのは、スポーツ選手だから

特別なケアをしているわけではなく

人間として

どのような状態であると快調に走れるか・・・

持久力を保ちながら動くことが出来るか・・・

というのを考えながらシンプルにケアしていくことが

大切だということです。

スポーツ選手だからと言って

あれやこれやと、一生懸命触る・一生懸命筋肉をほぐすことでは

ないのです。

 

とにかく、その状態・状況において的を絞り

手数を減らしてケアを行うことが大切だと改めて感じたことです。

何年経っても、いつも同じことを考えています!!

 

からだのバランスを整えることは、もちろん大切なことです。

ですが、それが1番ではありません。

緊張した筋肉を和らげる、関節の可動域を上げる、

歪みを正す・・・など行う事ではありますが

もっと重要な事があります。

 

【いま、からだは何を求めているのか?】

からだと対話することが、わたしにとって重要な仕事です。

 

少々歪んでいたからといって、不具合が起きるとは限りません。

完全に均衡が取れた身体なんて、なかなかありません。

ロボットでなく、人間・動物だからこそ・・・

 

【心・脳・からだ】すべての調和が大切です。

まだまだ私も、発展していきたいですし

もっと学んで最高のコンディショニングケアを追究したいです。

 

今シーズン一人の選手を通して、また学び成長することが

出来ました。

football-1406106_1280

 

最終戦、鹿児島の地で応援したいと思います!!

 

awayに乗り込むサポーターの方は

最後の空気を感じながら、応援楽しんで来てください。

熱い声援、宜しくお願いします!

 

鶴亀堂鍼灸院 脇田 喬

logo