1回で痛みが半減したお尻の痛み~梨状筋症候群~


19_症状_ぎっくり腰

こんにちは。わっきー先生こと院長のわきたです。

今回は、お尻の痛み・しびれについての治療報告です。

 

右お尻の痛み・下肢におけるしびれを訴えて来院した20代女性。

整形外科で検査したところ、ヘルニアなどの疾患は見当たらず

痛み止め・湿布の処方およびリハビリの指示があったそうです。

 

問診での症状は、長時間椅子に座っていると痛みが増し、痺れも出る・

リハビリを行う仕事をしているので、前屈みで股関節を開き作業することが

多く、痛みが辛く支障をきたす、とのことでした。

 

痛みの場所は、臀部・腰部・背中下部・大腿部後面

しびれに関しては、時々であるがふくらはぎ。

 

ベッドに仰向けにさせ、股関節・膝を90°に曲げた状態で

股関節を内側に倒していくと(内転・内旋)痛みの出現。

次にうつ伏せにさせ膝を曲げさせ内・外に倒し臀部をチェック。

臀部筋肉に強い緊張感。合わせて、腰背部・大腿部後面に強い張り。

 

検査を加えた結果、梨状筋症候群と判断しました。

vb_screenshot

青い部分が梨状筋という筋肉で深部にあり

仙骨から大腿部に付着している筋肉です。

原因としては、仕事による疲労が原因として考えられ

長時間、梨状筋に負担の掛かる姿勢が引き金だと思われます。

梨状筋の筋膜痛と捉え

押圧し過敏に反応が出ている(トリガーポイント)に対して

鍼治療を行いました。

そして、腰背部・大腿部後面・ふくらはぎにも治療。

20150108d

そして、右仙腸関節の異常に対して手技にてアプローチ。

novaimage (5)

緑で囲んだ部分が仙腸関節です。

治療を終え再びチェックしたところ

お尻の筋緊張が緩和され、股関節の柔軟性も向上。

治療前に比べ、痛みも半減されました。

 

患者様は、とても喜び「完治に向けて再来院したい」と笑顔で

帰宅しました。

今回のケースは、病院での検査も行われていたこともあり

スムーズに原因を特定することが出来ました。

本人も、お尻に直接的な原因があると予想はしていたものの

対処のしようが無く困っていたそうです。

 

しびれを伴う痛みがある方は、まず病院にて適切な検査を

行ってください。

検査で大きな異常が無く、対処にお困りな方は是非ご相談ください。

鶴亀堂鍼灸院 http://www.tsurukamedoo.com