肩凝りの原因・・寝ている時のあれとは?

ブログ

肩凝りの4大原因と言われるものがあります。

ご存じですか?

  1. 姿勢不良(長時間同じ姿勢など)
  2. 眼精疲労
  3. 運動不足(筋肉・関節の柔軟性低下)
  4. ストレス

実は、この4つ以外で原因として考えるべきものが

寝ている時のあれ・・・

あれとは?

【歯の食いしばり】のことです。

基本的には就寝時など

無意識に行われている食いしばり。

この食いしばりには

自律神経の失調が大きく関与していると言われます。

自律神経の失調は、生活習慣やストレスなどが

関係しています。

食いしばりでは

想像を遥かに超える圧力が歯と歯周に加わっており

顎の筋肉・首や肩の筋肉を強く緊張させます。

症状が悪化すると、顎周りが腫れてきたり

歯に強いダメージが加わることもあります。

食いしばりを軽減させるためには

自律神経を整えることが必要です。

当院では、これまで多くのケース(食いしばり)を

治療してきました。

状態は千差万別だからこそ、アプローチは変わりますが

基本的には根本を整えながら

顎周囲・肩首の筋肉に治療を施します。

【末梢神経から中枢神経へ】

鍼の刺激は脳を介し、身体のバランスを整えるものです。

身体の緊張を和らげる*副交感神経を優位にする。

継続的な治療をすることで

少しずつの変化ではありますが

症状が緩和して行くケースが多くあります。

食いしばり、肩首凝りでお悩みの方。

是非、ご相談ください。

治療の詳しい内容は

こちらをクリック

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。