マタニティケア:妊娠後期の腰痛治療について

ブログ

妊娠中の患者様から多く寄せられるお悩みのひとつに

腰痛】がございます。

妊娠初期での腰痛相談もありますが

基本的には

妊娠後期での腰痛相談が多いです。

妊婦中の腰痛では

卵巣ホルモン(リラキシン)による影響もありますが

妊娠後期では体重増加による姿勢の変化が加わり

腰痛・お尻の痛み・足のしびれなどが

起こりやすいです。

お腹が大きくなり、骨盤・腰椎が前方に傾くため

背中が反った状態になり背中の張り・痛みも

伴うケースが多いです。

 

安静にしていても状態が和らがない場合などは

お気軽にご相談ください。

 

当院のマタニティケアでは

状態やご要望に合わせて

鍼灸・整体・アロマトリートメント

筋膜リリース機器などを組み合わせて

施術を行っています。

 

腰や背中の緊張緩和・血流改善・姿勢調整などを

目的に症状の緩和を行います。

治療時は、妊婦用うつぶせ枕を使用し

リラックスして施術を受けられるよう

配慮しております。

 

施術料金の詳細やご予約は

こちらをクリック

関連記事

この記事へのコメントはありません。